不動産名義変更の方法

不動産名義変更の手続きの際には必要になる書類があります。

遺産分割協議書の不備で法務局に無効と判断されてしまうと、不動産名義変更の手続きは最初からやり直しとなります。

遺産分割協議書に相続人全員が署名して実印を押す必要があり、法務局に無効と判断されてしまうと、遺産分割協議の話が一度白紙に戻ることも十分に考えられます。

相続登記に必要な書類も、亡くなった人の戸籍謄本、住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の住民票、不動産の固定資産評価証明書、不動産の全部事項証明書などいろいろ必要です。

これら全てを揃えて遺産分割協議書をつくる訳ですから、専門家に依頼するのは当然です。

亡くなった人の戸籍謄本は、その方の出生から死亡までのすべてのものになります。

いろいろな市町村に点在し、同じ市町村役場で手に入らない場合もあります。

書類が揃ってから相続登記の申請書を作る段階となり、相続登記申請書と必要書類を法務局へ提出して、やっと不動産名義変更の手続きが出来ます。

生前に不動産名義変更を行う場合は、ずっと手続きは簡単になります。

なかなか条件が整うのは難しいものですが、遺言書などを用意するだけでもかなり違いがあります。