早めに不動産名義変更を行う

相続登記で不動産名義変更を行うことになったときに、相続登記の期限が心配になります。

不動産名義変更を急がなくてはいけないなら大変です。

生命保険の請求書類でも死亡証明書が必要だったりしますが、相続登記にはいつまでに行わなければいけないという期限はありません。

しかし、不動産名義変更を行わず時間が経過すると、今度は相続した相続人が事故や病気やケガで亡くなってしまう可能性があります。

不動産名義変更をして相続登記をしておかないと、相続人の権利を新たに取得する人間が増えますので、少しでも相続人が少ない状態で名義変更してしまいましょう。

不幸にして相続人が事故や病気やケガで亡くなってしまうと、まったく付き合いがない相続人が出てきたりする場合も考えられます。

また、相続人が健在だった場合でも、認知症等で意思表示が出来なくなる場合もあるからです。