不動産名義変更の専門家

不動産名義変更を行う方法にはいろいろな理由があります。

不動産名義変更を一度に行うと、莫大な税金が必要な場合は、贈与税が掛からない額までに分割して、所有権移転という方法もあります。

一度の不動産名義変更でなら掛かる税金も、毎年100万円分の贈与してもらえば、年数を掛けることで税金を払わずに済む場合もあるわけです。

祖父や祖母から孫に贈与していくのであれば、20年や30年であっても難しいことはありませんので、早めに贈与を始めるというのは実際にある話です。

孫が何人かいれば、数億円価値のある不動産でも、時間さえ掛ければいいのです。

不動産名義変更の専門家もいますし、不動産名義変更手続きセンター(http://www.meigi-henkou.jp/)といった専門の機関もあります。

不動産を多数所有している場合は、そういったところに相談するのがセオリーです。

相続税は昭和63年、平成4年、平成6年、平成15年に改訂され、贈与税の課税最低限の金額は60万円から110万円に変更されています。