生前贈与の不動産名義変更

不動産所有者名義は法務局に備えてある登記簿に氏名・住所が記載され一般公開されています。

不動産の状況が誰にでも分かり、登記簿があることで、不動産の取引が円滑に、且つ、安全に行われます。

不動産の所有者が亡くなった場合、登記簿の所有者を、故人から相続人に変更する手続きを行う必要があります。

しかし、いつまでに名義変更を行うかには規定がありません。

不動産名義変更が、相続登記の手続きとなるわけです。

不動産名義変更を行わないと、登記簿の上では死者が所有者という場合もあるのです。

生前贈与などで名義変更手続が必要になる場合もあります。

生前贈与は、生前に配偶者や子供に不動産の名義を変えることで行うものです。

離婚などで不動産の名義を、夫から妻に変えるたり、妻から夫に変える場合もあります。

相続を行って、不動産名義変更が必要となる場合は用意する書類の準備がいろいろと大変です。