不動産売買の不動産名義変更

不動産を購入した場合も不動産所有者名義の変更を行います。

簡単なように思えますが、専門家の確実な手続きが求めらます。

不動産の権利を保全し大切な財産をお守るため、間違いがあってはいけないものです。

不動産の売主が不動産の所有権を買主に移転し、買主がその代金を支払う契約が不動産の取引です。

不動産売買を行うと、法務局に登記申請する必要があります。

不動産を売買で譲り受けた契約だけでは、第三者に対して権利を主張できないから行うためのものです。

不動産名義変更によって初めて、新たな所有者が不動産を売買することが出来るようになり、不動産に担保を設定することができます。

第三者に対して不動産の権利を得たと主張するためのものが、法務局に登記申請です。

登記による不動産名義変更が必要となり、不動産を取得した場合は法務局に登記申請する必要が出てくるのです。